photo

与謝野の家

〜徹底的に耐震・断熱・バリアフリー改修と動線改善〜



高齢のご両親と娘夫婦のためのリフォームです。
LDKと両親の寝室がある母屋を重点的に改修し、
超長期住宅モデル事業の補助金や町の耐震改修助成
金を使い、リフォームの性能評価を元にハイレベル
な性能を満たした改修です。

耐力壁・ベタ基礎・補強金物の新設し耐震等級3を、
建物全周に断熱材の追加とサッシのペアガラス化を
して省エネ等級3を実現しました。
できる限りのバリアフリー化も行い、床段差の解消
や手摺設置などで高齢者等級3も確保しています。

娘夫婦の寝室がある離れと母屋との間に、内玄関を
新設し双方をつなげることにより、両親と娘夫婦の
暮らしと屋外とをゆるやかにつないでいます。

みんなが使いやすいアプローチと玄関をつくって、
家族や来客の出入りや交流の場である住まいの中心
をつくることが、この改修のミソになっています。

雪の多い与謝野町の暮らしを快適にするため、いろ
んな用途に使える屋根付のサービスヤードやサンル
ームも増築しています。



築33年の住宅リフォーム
京都府与謝郡与謝野町
(母屋)木造平屋建て (離れ)鉄骨造+木造
延べ面積 (母屋)140.20 m2 (42.41坪)


設計:MOK−msd/三澤文子
   +暮らしの設計ツキノオト/船木絵里子
施工:道下工務店