本日の7坪ギャラリーの家・Afanの見学会、快晴のなか多くのみなさまにご覧いただき、ありがとうございました!

 

建築面積7坪、延床面積14坪、敷地面積12坪の小住宅。

小物を作るのが趣味の女性が、好きな雑貨や作品を飾るギャラリーとして、お友達と集うサロンとして、また、暮らしを楽しむセカンドハウスとして使う住まいです。

 

 

イメージは「風の抜ける蔵」
西面以外の三方が立て込んだ敷地で、準防火地域・第一種住居専用地域という、かなり条件の厳しい中での設計となりました。

が、空間の狭さは感じないように、かえって「小さいことが気持ちいい」ように設計しています。

将来的には貸家や店舗付住宅としても使えるように、いろんな方に使いやすいようにも配慮しました。

 

 

古建具や欄間を再利用したり、唐紙・漆喰・無垢板に古色の塗装、土間やアイアンなど、素材はこだわりつつ、DIYなどでコストダウンも計っています。

 

施工は羽根建築工房、アイアンと植栽は住まい手のお友達に入っていただきました。

 

 

 

 

見学会というよりは茶話会のようになった一日でしたが、満員の時間帯にお越しになられたお客様にはおかまいできずに申し訳ありませんでしたm(__)m

 

住まい手さんお持ちのインテリアやお手製の小物やお庭に対するこだわりもご覧いただけて良かったです。

 

隠れ家カフェのようなホスピタリティでおもてなしくださった施主の田村さんとお友達の原田さんにも心より感謝申し上げます!

 

  

 

 

 

 

 

 

2015年05月26日    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です