フィンランドRATEKOの大阪建築現場ツアー、最後のトリは中瀬古工務店の中瀬古邸&モデルハウスです。

 

私が設計させてもらい、昨年秋に着工し、いよいよ竣工間近です。

 

 

現場は佳境の追い込みラッシュで、1つの住宅の現場に職人さんが15人ぐらい??溢れていました。

そこにこちらが13人で押し掛けたものだから現場がギュウギュウになってしまいましたが、どの職人さんも熱心に作業されているのを見て、RATEKOの人はいたく感心されたようです。

 

 

 

フィンランドではたくさん職人さんがいるとサボっている人や帰ってしまう人もいたりして(意外!)、みんなが一生懸命に手を動かしている現場を見ると、「日本の現場の人はすごいな~」と思うそうです。

デザイン先進国で教育先進国のフィンランドの意外な一面を垣間見た気もします。

 

そして、初めて見る日本の木の家の新築現場も興味深かった様子。

女性陣がキッチンに食いつくのは万国共通のよう。

 

 

 

 

ここは棟梁の西川さんが初めて一から手刻みした現場で、OCTがいう「クラフトマンシップ」をここでも実践されていました。

1件目なのにいきなり架構の組み方が難しい建て方になり(私の図面のせいですが(^^;;)西川さんは刻みや建て方の間はすごいストレスで熟睡できなかったそう…

 

でも一番クライマックスの棟木と隅木がピターっと納まり、無事に棟が上がった時は今までにない達成感があったとのこと。

しかも「大変だったけど、またこんな手刻みの仕事がしたい」と仰ってくれました。

 

RATEKOの人たちも「いい仕事ができてよかったわね~!」みたいなリアクションでしたが、私もホッとしました。

大変な現場状況の中、おじゃまさせてくださった中瀬古さん・西川さんと職人さんのみなさん、ありがとうございました!

 

 

1日を通じて、RATEKOにとってとても充実した視察になったと言ってくださいました。

 

今度は私や今回のメンバーが逆にフィンランドの現場や住宅を訪ねにいきたいと、早くも妄想が広がっています。

ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

2019年04月29日    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です