いよいよ池田のYさんちが着工です。

 

まずは建物の正確な位置出しから。

遣り方や丁張りという作業です。

 

水貫という板に水糸を張って、水平ラインを出しレーザーで測量するなどして、正確な配置を確定します。

 

今回は元の敷地測量図が正確だったので、ほとんど誤差なく建物位置が確認できました。

 

これから基礎の施工図や排水位置を確認し、来週から基礎工事が始まります。

 

  

 

  

 

 

 

 

2016年09月05日

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です