昨日は池田Y邸の中間検査でした。

配置・耐力壁・金物・防蟻などを検査員に確認していただき、何の問題もなくOKをいただきました。

 

 

 

今回は耐力壁は、モイスという面材と構造用合板を張り分けています。

モイスというのは天然鉱物から作られた壁材で燃えにくい素材なので今回は板壁の下の耐力壁にはモイスを使って防火しています。

外壁がモルタルの壁になるところの耐力壁は構造用合板を張るというように使い分けています。

 

 

 

 

大工工事と並行して屋根の板金工事も始まりました。

屋根を葺き、軒先を加工し、そのキビキビとした動きと連携にほれぼれします。

 

   

 

  

 

 

一部、樋を既製品ではなく板金屋さんに手作りしてもらう相談をしたら、板金屋の社長さんが「大丈夫、作れる、問題ない」と応えてくださり、「うぉぉぉ、かっこええ~!!」とテンションが上がりました。

 

ベテランの職人さんは相談すれば何か策を考えてくださることが多く、やっぱり日本の職人さんはかっこいいです。

 

  

 

2016年11月03日    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です