今日は我が家のテーブルをogumaの大橋さんに修繕に来ていただきました!

 

6年前に大橋さんに作っていただいた栗のテーブルにセルフでオイル塗装をして使ってきましたが、タンニンの多い栗の性質上、鉄分と反応したところが黒ずむということがあり、不注意からこの春にエライ黒く汚れてしまいました。

 

どうもテーブルにレシート類が置いてあった上に家族が紅茶をこぼしていたようで、そのまま気付かず何時間か放置されており、気付いた時には栗材と紅茶のタンニンが反応したのか、一部だけズズ黒く変色していました。。。

 

自分が紅茶をこぼしたと思った母は「これは絵里子に怒られる…。」とえらいショゲていましたが、「無垢板やから削って直してもらえると思うよ。」と言ってogumaさんに相談してみました。

 

うちはテーブルを調理台としても使っているので、なかなか綺麗に使うのは難しいのですが、無事にogumaさんにカンナで削っていただきました。

 

 

 

 

きれいに蘇った栗の板の上に、今回は大橋さんが撥水セラミック塗料とアク止めを塗ってくださいました。

すっかりきれいになって家族もゴキゲンです。

 

 

これからセラミック塗料がうまく保護してくれるでしょうか??

栗板に鉄分や紅茶を反応させないように使い方にも気を付けつつ、セラミック塗料の効果も見ていこうと思います。

(→後日追記;とても良い状態で何年も保護できています!)

 

ogumaさんありがとうございました!!

 

 

2017年07月26日    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です