午後は木又工務店の現場と作業場の見学へ。

 

現場は築170年の古民家リノベーションで、三澤文子さん設計のため私も詳細調査に参加させてもらった物件です。

 

 

 

ここでは「パパキマタ」さんも案内に加わってくださり、「パパかわいー」とはまる人も続出。

木又工務店のパンフレットをハマッコこと浜田綾さんが英訳してくれてました。さすがです!

 

ハマッコは木又さんが工事してくれたモクセイハウスに遊びに来てくれたのがご縁で、木又工務店の設計スタッフをしてるのです(^^)

 

 

木又さんの説明で、茅葺き民家の茅を下ろして2階を増築し、耐震性と断熱性を高めた工事の様子が詳しく分かりました。

 

RATEKOの方は日本の建物自体が珍しく、木製建具の細かな細工や、新旧が入り混じった日本の造形を珍しそうに見学しておられました。

 

 

 

通訳の香月さんがおられないところでフィンランドの方から話しかけられた木又さんは、グーグル翻訳で「日本語⇔フィンランド語」の通訳をやってのけます!

あれはすごいな~。

私もアプリ入れておくんやった…。

 

フィンランドの方の上手な英語の質問にカタコトで答えようとしていましたが、ちゃんと伝わったとは到底思えず、英語力のひどさが自分の今回の唯一の反省点として残っています。。。

 

2019年04月29日    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です