今日はお友達の設計事務所、VANS主催のコーポラティブハウス説明会に出席させていただきました~!
VANSの所長・木村くんは、大学時代の同級生なのですが、その説明会に、私の小学校の同級生のOちゃんと一緒に行ってきました。
フェイスブックで再会したOちゃんのおうちを考えていく、一つの道がコー
ポラティブハウスへの参加です。
小さい家でいいから大阪市内の都市生活希望で、かつ費用を抑えて自由設計&自然素材の家づくりを目指すOちゃんの場合、
①狭小土地を探し、9坪ハウスぐらいの極小住宅を建築する。
②中古マンションを購入し、木の家リノベーションをする。
③コーポラティブハウス建設に参加し、Oちゃんの住戸を自由に設計する。
などさまざまな案が考えられます。
今日はまずそのうちの③へのアプローチ。
コーポラティブハウスとは、、、!?

一般的な集合住宅は建物ができあがってから入居者を募集するのですが、
コーポラティブハウスの場合、逆に先に入居者を集め、その話し合いによって一緒に集合住宅を造っていくわけです。
実は、私の大学時代の卒業研究テーマは、「コーポラティブハウスのコミュニティ形成について」というお題でした。
もともと、住まい方や住まい手主体の家づくりというものに興味があったんですよね~~。
都心部のコーポラティブハウスは、土地価格が高いために、
鉄筋コンクリート造の中高層マンションになるケースがほとんどです。
しかし、住棟全体は住民主体で話し合いで合意形成し、
住戸は個別に自由に設計していけるために、
その自由さ、ユニークさは、一般のマンションとは大きく異なります。
「自分のおうちはまるで木のおうち!」みたいなデザインもできるわけです。
また、計画段階から住民同士も知り合いになれるので、
都市特有の、「近所に誰が住んでいるのかわからない。。。」という
近所づきあいの希薄さはなくなります。
ただ、人付き合いが嫌い、なーんて人は不向きな建て方かもしれませんね。
さて、Oちゃんのおうちが①②③のどの方向へ進んでいくのか、
はたまた新たな④が出現する
のかは、これからのお楽しみ。
私もOちゃんの気持ちを見守りつつ、いろんな引出しを引っ張りだせるよう準備体操をしております。
なんだかおもしろいことが始まる予感、、ワクワクします。

それにしても、説明してくれたVANSの所長・木村よっちゃんの
フレンドリーさと頼もしさに、
「よっちゃんも立派にならはって~~。」と目頭を熱くしたしだいです。
木村センセイ、小島さん、どうもありがとうございました!
もしもコーポラにするなら、住棟はVANSが設計してくれた中に、
私がOちゃんの住戸を設計させてもらうということになります。
初めてのコラボになるのか否か?
違う時代の2人の同級生と同席し、なかなか楽しい経験になりました!

2012年02月26日    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です